リモート機能の設定

リモート機能

無線LANに接続したベリキーを、スマホやWeb管理画面から操作する機能です。

  • インターネット経由で、遠隔施錠/解錠/鍵の状態確認 電気錠との配線仕様で機能が異なります
  • 2.4GHz帯のインターネット接続用の無線LANを使用
  • Web管理画面からの操作は、ビジネスタイプのみ使用できます

対応機種

2020年7月以前の製品

リモート機能付きモデルで利用いただけます。

2020年8月以降の製品

すべての製品

ビジネスタイプでのご利用は、利用契約者様のみご使用いただけます。

利用契約に関するお問い合わせ・お申し込みは、サポートページからご連絡ください。

① 機器を無線LANに接続

準備

インターネット接続用の無線LANを用意してください
接続用のSSID/パスワード(2.4GHz)を用意してください

アプリの設定画面を表示

ベリキー・オーナー(管理者)のスマホアプリを使って設定します。
Bluetooth通信するので、ベリキー機器の近くで操作してください。

ホームタイプ

オーナー登録したスマートフォンを使って設定してください。

  1. 「鍵の詳細」画面の右上の「設定」ボタン
  2. 機器の近くで「機器の無線LANを設定」ボタンを押して下さい

ビジネスタイプ

設定するドアの鍵を持っているスマートフォンを使って設定してください。

  1. 「設定」画面の「ビジネスタイプ設定」ボタン
  2. Web管理画面のID/パスワードでログイン
  3. 「施設名」を選択 > 「本体設定」 > ドアを選択
  4. 機器の近くで「機器の無線LANを設定」ボタンを押してください

ベリキー機器に無線LANの情報を登録

一般的な設定

インターネット接続「接続する」を選択
SSID検索、または入力で無線LANのSSIDを登録
WiFiパスワード無線LANのパスワードを登録
2.4GHzの無線LANのみ使用できるので、5GHzの無線LANのSSIDは検索で表示されません。

高度な設定

設置されたネットワークにより、IPアドレスやDNSを設定して下さい。

設定が完了したら、「保存して終了」してください。

ベリキー機器が無線LAN接続を開始

設定を保存・終了すると、機器が無線LANに接続開始します。

  1. 機器の青LEDが点灯して、接続を開始します
  2. 青LEDが点滅して消えると、接続が成功です

無線LAN接続に失敗すると赤LEDが点滅します。
自動で再接続しますが、繰り返し失敗する場合は無線LANの設定を再確認してください。

リモート機能を有効化

無線LANの接続が成功した後、アプリの「青点滅で消えた(成功)」ボタンでリモート機能が有効になります。
アプリに「リモート機能:有効」が表示されると、設定は完了です。

アプリ対応バージョン
この画面の機能は、下記バージョン以降のアプリが対応しています。
iPhone:アプリバージョン 2.14.4
Android:アプリバージョン 3.21.0

【オプション】WEB管理画面で有効・無効化

ベリキー機器が無線LANに接続した後、リモート機能の「有効化・無効化」はWEB管理画面から操作することもできます。
「無効」にすると、スマホやWEB管理画面からリモート機能が使えないようになります。

操作画面

メニュー「 設定」>「ドアの追加・設定」> ドアを選択

② スマホに鍵を発行

Web管理画面から、スマホの利用者に「リモート機能」が使える鍵を発行してください。
鍵の発行方法を表示

③ 遠隔で操作

スマホアプリから操作

初回はボタン押し解錠

初めて鍵を使うときは、アプリのボタンを押して解錠してください。

使い方

鍵の詳細画面で、「現在の鍵を表示」(または「リモート操作」)を選択。
携帯電波や無線LAN経由で、リモート操作ができます。

住宅など、JEM-A配線接続したドア
  • 現在のカギの状態(施錠・解錠)を確認できます
  • リモートで施錠・解錠操作ができます
オートロックのドア(接点接続)
  • 現在の鍵の状態は確認できません(常に施錠中)
  • リモートで解錠操作ができます

Web管理画面から操作 ビジネスタイプのみ

使い方

メニューの「リモート操作」から遠隔で解錠(施錠)ができます。
※ 施錠・解錠を確認するには、電気錠操作盤とJEM-Aでの配線が必要です。